おでこ・頬・顎の脂性ニキビの対処方法

私が悩んでいたのは、おでこ・頬・顎の脂性ニキビ、鼻の毛穴の開き、黒ずみです。学生時代が一番ひどく、お化粧で隠すこともできなかったので毎日周囲の目を気にしながら過ごすのがとても辛かった思い出があります。
私が実践したスキンケア方法は、ニキビに関しては皮膚科に通って飲み薬と塗り薬を処方してもらい使用していました。どちらも朝晩の2回で、塗り薬は洗顔後に化粧水乳液で整えた後、クリーム状の薬を塗りその上に透明の軟膏を塗る形でした。毛穴ケアは、ビオレのジェル状洗顔を使っていました。
私が皮膚科の通院を実践してどうだったかというと、私にはあまり効果がありませんでした。というのも、高校生の頃だったので毎朝ベタベタの軟膏を顔全体にしっかり塗っていくことに抵抗があり、正しい回数・分量で実践することが難しかった為です。飲み薬は続けていましたが、それだけでは特に効果は見られなかったです。ビオレのジェル状洗顔はなかなか合っていたようで、毛穴が少しだけ目立たなくなったように思いました。
皮膚科の通院をおすすめしたい人は、しっかりと病院から指定された用法容量を守って続けられる方です。なので顔がベタベタになるほど塗っても気にならない、今のご時世だと在宅ばかりで人に毎日会わないで済む方におすすめです。
医薬品なので、薬局やネットで買うことのできるような市販のお薬よりも効き目はあるはずなので、しっかり継続する意思のある方は是非試してみてほしいと思います。用法容量を守って継続しないと効果はないです。お金も時間も無駄になってしまうので、頑張って継続してください。