クリスマスおすすめ絵本

3歳は言葉の幅が広がり、絵本が楽しくなる年齢です。

“とにかくたくさんの絵本に触れさせたい! でも、どうやって選んだらいいの?”

3歳になると、言葉がどんどん増え、食事もトイレも少しずつ自分でできるようになり、体力もついてきます。
3歳になると、好奇心が旺盛になり、知識も豊富になります。3歳になると、好奇心や知識欲が強くなり、「なんでだろう」「どうしてだろう」「どうしてだろう」と質問するようになります。

しかし、何よりも大切なのは、保育園や幼稚園に通うようになると、人間関係が劇的に増えていくことです。お友達と過ごす時間が多くなり、親以外の大人との接触も増えてきます。また、お母さんの出産後、お兄さん、お姉さんになる子が多いのもこの時期かもしれません。
お友だちやお兄さん・お姉さんの気持ちを想像しながら、自分の気持ちを表現することになります。感情や表情が少しずつ豊かになり、複雑になっていきます。クリスマスプレゼント絵本だからこそ、絵本でも少しずつシンプルなストーリーを楽しめるようになっていくのだと思います。…では、どういうことでしょう?

絵本の世界を存分に楽しめる年齢になってきたということです。おすすめしたい絵本はたくさんあります。
でも……。たくさんありすぎて、どうやって選べばいいのかわからない!」という方もいらっしゃるでしょう。
そんなときは、ぜひこの記事を読んでみてください。
まずはどんな物語を楽しめばいいの?
長く愛されている絵本ってどんなもの?
初めてのお友達ができたみたい…。
お兄ちゃん、お姉ちゃんになるにはどうしたらいいの?
読んでいるだけで幸せになれる絵本はありますか?
うちの子も絵本が好きになってくれたらいいな。
うちの子は、知りたいことがたくさんあるみたいだけど…?
疑問はどんどん出てきますよね。でも安心してください。だからこそ、3歳児におすすめの絵本がたくさんあるのです。

絵本を読めば子どもが良くなる」という親御さん。絵本を読めば、子どもが賢くなる。
お子さんと一緒に、「初めて物語の世界を体験する」という貴重な体験を、存分に楽しんでいただきたいと思います。
目次
1. 3歳児は、言葉の力が伸びて、絵本が楽しくなる年齢です!
1.1 3歳児の絵本選びの悩みとは?
2.1 「絵本ナビ」編集長が選ぶ、3歳児向けのおすすめ絵本!
3 ようこそ! 物語の世界へ
3.1 何世代にもわたって愛されるロングセラー絵本
3.2 愛すべきキャラクター絵本
3.3 何度読んでも笑ってしまう絵本
3.4 世代を超えて語り継がれる物語の絵本
4.大好きな家族や友達が登場する絵本
4.1 どうやって参加すればいいの?コミュニケーションを広げる絵本
4.2.新しい友達や兄弟の誕生。小さな心に寄り添う絵本
4.3. 豊かな遊びにつながる絵本
4.4.日常の中に楽しみを見つける!
3歳児の好奇心! 知りたい!」と思っています。味わってみたい! 楽しんでみたい!
5.1 絵の世界に入ってみる。
5.2 音のある言葉の楽しさを味わおう
5.3 知るのも楽しい、考えるのも楽しい!
3歳児も図鑑を楽しもう!
6. “3歳児のための絵本 “日本のベストセラーTOP10!
とても幸せな気分になります。
子どもの頃に「ぐりとぐら」や「しろくまちゃんのホットケーキ」に出会ったせいか、食べることが好きになった気がします。
ぐりとぐらは、森の中で大きな卵を見つけて、何を作るか、どうやって積むかを考えます。楽しそうに話し合ったり、歌ったり、カステラができるのを待っていると、美味しそうな匂いがしてきます。そのカステラを森の動物たちにも分けてあげて、みんなで黄色いカステラを食べている姿を見ると、心が穏やかになり、本当に幸せな気持ちになります。小さな子どもにもわかりやすいストーリーで、誰もが甘くてフワフワのカステラを想像して、胸がキュンとなる、長く読み継がれる絵本だと思います。
3歳の頃からこの絵本を読み聞かせている息子と娘は、二人とも食べることが大好きで、幸せそうに食べています。
(くじらもなか、30代ママ)。
自分が子供の頃、この本が大好きでした。
息子に読んであげたら、とても気に入ってくれました。
息子は、バーバパパがいろいろな動物になったり、階段になったりするのを楽しんで読んでいるようです。
彼は「ファイヤー!」と言っています。とか「火事だ!」とか言って、物語を楽しんでいます。
毎晩、この本を読むのがとても楽しいです。
(ドーナツさん、30代母、11歳の男の子、3歳の男の子)