コロナと戦う「マスク」という「楯」

中国で始まった新型コロナの大きな嵐は世界中をざわつかせ、ついに日本にもその影響を及ぼしてきました。
最初は中国から来た人の問題であるかのように、他人事だったコロナはどんどん日本国内にも広がっていき、今では誰でも書かる可能性のある病気だという認識になっています。
世界中でコロナを防ぐための楯の働きをするマスクは必需品となり、輸入品に頼っていた日本は青くなったのです。
それからは、まるで呪文のように、誰もが「マスク」と口にするようになり、マスクを買うために行列ができ、値段もどんどん吊り上げられていきました。
でも、人間はこうした危機を何度も乗り越えて今があります。
今回も人間の知恵がコロナとの闘いを続けています。
「マスク」というコロナとの戦いで必須の「楯」とも言うべき存在は、コロナ禍が始まった当初に比べるとずいぶんゆきわたっています。
出かける時には何よりも「マスク」を忘れないように、予備の「マスク」も持つようにと家族に注意して自分もしっかりつけるようにしなくてはなりません。
面倒ではありますが、この「楯」のお陰で安心して暮らせるのです。
「マスク」の効用はコロナだけではありません。
毎年流行するインフルエンザも防いでくれているようです。
できれば、もっと快適な「マスク」が開発されて健康で安心な暮らしになってほしいものです。