円安が進む日本。物価から見る円とは実際どうなのか?解説!

最近、ニュースなどで「円安」という言葉をよく耳にしますよね。
しかし、あまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか。
専門家によると、その背景には 「物価」があるそうです。
「不当な円安」とまで言われる現在の急激な円安について、わかりやすく解説していきます。
今年に入ってから、米国の金融政策がどんどん金利を上げるという話が増えています。
金利の高い通貨は、持っているだけで得をする、つまり利息がつくので、基本的に買いやすいのです。
さらに、ウクライナ情勢も影響しています。
戦争が起きると「一番安全な通貨を買いたい」と思うものですが、これがドルの需要を強め、ドル高円安をかなり進めたと思います。
有事のドル買いと言う言葉があるくらい基軸通貨のドルが買われてドル高になったということです。
しかし、通貨はさまざまな観点から決定されるものです。
例えば、物価でいえば、アメリカではモノの価値が上がっているので、通貨の価値が下がっていることになります。
一方、日本では物価が上がっていないから、円の価値がドルに対して上がっている。
本当は物価の差で円高になるはずですが、金利の差で円が売られ、ドルが買われているのです。
そもそも、誰が円を売って、誰が買っているのかみなさんは分かりますか?
今、世界中でエネルギー価格が上がっていますが、日本が輸入しなければならないエネルギー価格も上がっていて、実は貿易赤字がかなり増えています。
日本人は赤字になると外貨を買わなければならない立場なので、そのお金の流れで円も売られているのです。
市場価格は「金利差」「価格差」「お金の流れ」で見ることが多いのですが、特に金利差とお金の流れという点ではかなり円安になっているように見えます。
よく言われる「ビッグマック指数」、つまりマクドナルドのビッグマックをアメリカで買うのと日本で買うのとどちらが得か、ということで為替レートを決めると、実は日本のビッグマックの方がずっと安いので円安になるのだそうです。
だから、円高になるのは不公平なんです。だから、「日本でビッグマックを買って、アメリカで売れば儲かる」という状況になっているのは事実です。
そういう意味では、価格的には「不当な円安」なのです。
たしかにビッグマック指数というのは面白いですね。
日本に生活している分にはあまり感じませんが、勝手に日本の価値が下がっている状況は看過できません。
引き続き為替動向をチェックしたいと思います。