化粧水は保湿と刺激の少なさが大切!

化粧水は肌を保湿し、肌のキメを整えたり、肌のバリア機能をたかめたりしてくれます。また、保湿をすることにより乾燥小じわなどが無くなり若々しく見えます。付け方は、洗顔後手のひらに適量化粧水をとり、肌にハンドプレスしながら染み込ませていきます。ぺちぺちと叩いたり、コットンにとって肌の上を滑らせたりするのはNGです。コットンを使う場合は、コットンにたっぷり化粧水を染み込ませて、乾燥などが気になる場所に数分乗せる(長時間乗せていると、逆にコットンが肌の水分を奪い取ってしまうので私は3~5分ぐらいにしています)のがおすすめです。美白タイプや敏感肌用、エイジングケアやニキビ用など色々なタイプの化粧水がありますが、私は敏感肌用をおすすめします。理由は、ニキビで悩んでいた時敏感肌用に変えた時にニキビが無くなり、ニキビ用の化粧水が刺激になっていたのが原因だったからです。美白やエイジングケアやニキビなどの気になるものは美容液で補うようにしています。化粧水はとにかく保湿力と刺激の少ないものを重視して選ぶようにしています。皮脂が出てるから保湿しない人も逆に乾燥して皮脂が出るインナードライというものの場合があるのでそういう方も一度保湿をたっぷりしてみてほしいです。
とうきのしずく 定期便