社会不適合者に向いてる仕事・適職とは何ですか?

・社会不適合者で社会に馴染めず仕事選びに苦労している。
・そんな私でもできる、向いてる仕事は何かありませんか?

いつしか「社会不適合者」という言葉がスタンダードになった昨今。
なぜ、社会不適合者などという言葉が生まれてしまったのか?

一言でいうならば社会のひずみ。
ならざる者であり、本来であれば社会不適合者など存在しえないのです。

それでも呼ばれるようになった理由は「社会が求める要求に応えていないから」
つまり、本来あるべき「姿」がすでに準備されていて、比較された結果だということ。

なので、社会不適合者であろうと何だろうとあなたに向いてる仕事は確実に存在します。

なぜなら、それが個性だから。
そして、具体的な向いてる仕事をピックアップしてみると、

【仕事1】Webデザイナー
【仕事2】Webライター
【仕事3】動画編集
【仕事4】ブロガー
【仕事5】ユーチューバー
【仕事6】カメラマン

引用:社会不適合者に向いてる生き方と適職12選【仕事選びで自分らしく生きる】

上記の仕事は人との関りが少ない仕事です。
コミュニケーションを生業としないため、向いてる仕事といえます。

今、社会不適合者と感じ無理をしている方。
仕事選びに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

あなたに合う、向いてる仕事は必ずあります。
ただただ、まだ気づいていないだけなんです。