美容整形での間違い

美容整形に関する情報は色々とありますが、美容整形では間違った情報もしばしば流れていますし、美容整形の中には間違って解釈されていることもあると思います。たとえば美容整形なら誰もが成功をして自分の思い通りの顔になることができると思っている人がいますが、実際には自分の思い通りの顔になったという人はそれほど多くなく、美容整形でそれなりに綺麗にはなったものの、自分の希望とは違っていることがたびたびあります。美容整形を受ける際に痛みを感じないとはいいますが、痛みを感じないのは、麻酔をかけている間のことだけをいいます。麻酔が切れれば、もちろん美容整形をした部分は痛みますからその点は間違わないようにしましょう。美容整形を受けるときに腫れることを気にしてドクターに確認をするのですが腫れないといわれても、実際には術後腫れるということがありますが、医師のいうところの腫れると一般の思う腫れるの度合いが違っていますからその点も間違えないようにしましょう。整形後には傷跡は残らないとカウンセリングなどで説明されることがありますが、全く傷が残らないというのはあり得ません。多少は傷が残るけどほとんどわからないというのが真実ですから、全く整形で傷が残らないことを期待するのは間違っています。