育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤

育毛剤は、血行を促進し、頭皮に栄養を与えることで、健康な髪を育てる働きをします。

健康な髪とはどんな毛髪なのかと言うと、強くコシがあり、抜けにくい毛のことです。

また、医薬部外品が多く有効成分の中には、頭皮を健康に保ち、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを防ぐ効果もあるので、薄毛や抜け毛の方だけでなく、比較的幅広い層の方の頭皮ケアとして使える特徴があります。

まだ髪がある人で本格的なヘアケアしたい人は育毛剤を紹介しているサイトが参考になります。

発毛剤

一方、発毛剤とは医薬品で、新しい髪の成長を促すとされる発毛成分「ミノキシジル」が配合されています。

ミノキシジルは、頭皮の毛乳頭細胞に直接作用し、髪を作る毛母細胞を活性化させ、薄毛や抜け毛の原因となるヘアサイクルを正常に戻す効果があります。

発毛剤は、毛髪を強化し栄養を与えるとともに、新しい毛髪を成長させ根付かせることです。

育毛剤と発毛剤どちらを選ぶべきか

育毛剤は作用が穏やかで医薬品のような副作用がありません。

ただし、AGAで無い髪を生やすことはできません。

発毛剤は、成分のミノキシジルに副作用が確認されているので、頭皮への作用や使う人を選びます。

また、ミノキシジルはやめると髪の状態は現在の本来の状態に戻ります。

発毛剤は第1類医薬品なのでドラッグストアでは気軽に購入することはできません。

ヘアケアをして薄毛抜け毛予防をするのは育毛剤、無い毛を生やすのは発毛剤、が選ぶ基準のひとつです。